the knowlus

YouTube

PV「フォールスメモリー」PV「シュレディンガーの朝」FULL versionPV 「孤独の遺伝子」


詳細 >>

BIOGRAPHY

vo../Gt..川野奏太(カワノソウタ)

Dr.千葉太朗(チバタロウ)

Ba..田村 昌平(タムラ ショウヘイ)


詳細 >>

QRコード

携帯電話からアクセス
クリックで拡大します
URLをメールアドレスに送信

RSS RSS

CDにいただいたコメント達

1st EP 「孤独の遺伝子」にいただいたコメント

 

 

 

エグいことしてるのに耳触りは優しい。また逆に、流れる心地良さに突如、リズムチェンジや変拍子が雪崩れ込む。
そんな無邪気な楽曲たちを、川野くんの年齢不詳でどこまでもイノセントな歌声が包み込む。「怖いもの知らずだったあの頃」の強さを持って。 理由の要らない、強い“音”がここに鳴る。                                                                 
-松原一樹(The cold tommy)

 

 

 

一度聞いただけだと、ハードで勢いのあるイメージを受けるのだが、その中身にあるのは、懐かしさを覚えるメロディと素朴な歌声。10代には 素直に届いて、僕らのようなそれ以上の世代には10代の頃を思い出させてくれるような、そんな楽曲たち。

 -篠山コウセイ(Suck a Stew Dry)

 

 

 

 

まるでthe knowlusのどこか神秘的で繊細な感情が音となり、その一つ一つがさまよい、時に絶望しながらも確かに光を繋いでいく様。 時に感情的過ぎるギターの歪みや唄はとてつもなく僕には切なかったけど最後のKikiのフィードバックを抜けると暖かい不思議な安らぎを感じた。これは寂しさを味方にできる楽曲達だと思う。

 -田代タツヤ(撃鉄Ba/下北沢THREE)

 

 

 

 

 

ヴォーカル川野が繊細に紡ぐ歌詞の世界を、激しくも大切に伝えているのも魅力だが、何よりも「俺達はバンドがやりてんだー!!」っていう衝動が、その3人のエネルギーが飛んできて単純にかっこいい。何がやりたいかハッキリしてるバンドは強いね。                                                                                                         

  -木谷 雅 (sacra )

 

 

 

 

 

single 「シュレディンガーの朝」にいただいたコメント

 

 

悲壮 哀愁 虚無 儚 僕の空っぽの頭には 爆音とともにthe knowlusが連れてきた感情。あなたも頭空っぽにして聴いてみると良いよ the knowlusはすぐに頭んなかで侵食してく。危ない危ない…

 -多田羅幸宏(ブリキオーケストラ)

 

 

 

黒い夜を切り裂き白い朝が来て、青い昼を過ごして赤い夕暮れを待っている。
そんな気分になりました。

 -  原コウヘイ(exBAND A)

 

 

 

 

 「感動」をさせることができるバンドはたくさんいると思うけど、「圧倒」させることができるバンドは数少ない。the knowlusは間違いなくそのひとつだ。短いスパンの中で、前作より遥かに完成度が上がっている今作を聴いて、一番にそう思った。みなさんも濃密で圧倒的な2曲で撃ち抜かれみてください。

-木谷 雅(sacra)

 

 

 

 
1st アルバム「不確定の原理」にいただいたコメント

 

 

俺がMCを務めさせて貰ってるNOTTV1の音楽番組『MUSICにゅっと。』にて、YouTubeからランダムに選んだアーティストをスタジオに呼んじゃおう的なコーナーがありまして、そこで見事に出演者達の熱いリクエストによって選ばれ、番組に遊びに来てくれたのがthe knowlusでした。クールな映像とサウンドを評価されたにも関わらず、実際の彼らは気さくな人柄と誠実なキャラクターで、番組内のみならず視聴者の反応も良く、まさにギャップ萌えの境地!

おねぇシンガーずれやまズレ子氏をもって「プロデュースして欲しいわ、夜も♡」と言わしめた頼り甲斐あるサウンドとルックスで、次世代ギターBANDシーンを撹乱してくれそうなニューカマーの登場です!

-日高央(THE STARBEMS /exTHE BEAT CRUSADERS)